賃貸管理も行っているかどうか

不動産会社の中には、購入した投資物件の賃貸管理も請け負ってくれるところがあります。そうした業者を利用すると、投資マンションなどの運営でメリットがあります。

賃貸管理でも頼れる不動産業者選び

賃貸管理も行っている不動産会社は、当然、部屋の入居状況も常に把握しています。そのため、購入の際に入居率のデータも教えてもらえますし、購入後に現在の入居状況も把握できます。

正確な入居状況がわかるので、収支計画を立てる際に役立ちますよ。表面利回りではなく、実質利回りでの計算をすることが可能となるでしょう。現実的でしっかりとした収支計画を立てたい方は、賃貸管理まで請け負ってくれる会社を選ぶことをオススメします。

不動産投資では賃貸管理も大事な要素

不動産投資で重要なポイントとなるのが、賃貸管理をどうするかという問題です。まずは、管理を自分で行うか、業者へ委託するかなどを決める必要があります。そんな時、賃貸管理まで行っている不動産販売会社は、心強いアドバイザーとなるでしょう。

賃貸管理を業者へ委託するなら、物件の購入から管理まで一貫してお世話になれる会社の方が、より信頼関係が築きやすいと思います。ただし、実際に管理を委託する場合には、その会社の入居者募集力や、地域の動向に強いかどうかなども見極めた上で判断してください。

また、自分で管理することは簡単ではないので、最初はわからないことや困ることもたくさんあると思います。賃貸管理の内容やトラブルへの対処法など、事前に知っておくべきことも多いです。そのような相談をしたり、プロの意見を聞いたりするためにも、専門的なアドバイザーは必要不可欠と言えます。

不動産投資成功のために、物件の購入についてだけでなく、アパート経営においても頼れる不動産会社を選ぶと良いでしょう。

コンテンツ一覧