賃貸管理で失敗しないために

賃貸管理が上手くいくかどうかは、不動産投資の成功・失敗の分かれ道です。購入した不動産をどのように管理していくか、事前に考えておく必要があります。

アパート経営の賃貸管理内容

アパート経営の仕事は、主に入居付け管理と建物管理です。中でも、空き室が出てしまうと毎月の家賃収入が得られなくなってしまうので、入居者を募集して確保し続けることが重要となります。そこで、まずは入居付け管理の内容を把握しましょう。基本的な管理内容は以下になります。

  • 入居者の募集と審査
  • 入居者契約・解約・更新などの手続き
  • 入金管理や入金依頼
  • クレーム処理
  • 退去後の室内清掃
  • 自分で管理するか、業者へ委託するか

大まかな管理内容を把握したら、その管理を誰が行うのかを決めます。自分で行うのか、賃貸管理業者へ委託するのかを検討しましょう。

ただし、自分で管理する場合は、入居者の募集から室内外の維持管理やクレーム処理まで、面倒なことも全て自分でやらなければいけません。賃貸管理を全て自分で行うのは簡単なことではないので、サラリーマンなどをやりながら両立させるのは難しいでしょう。

そうした場合、賃貸管理を代行してくれる不動産会社へ委託するのが一般的ですが、どの業者を選ぶかが重要となります。管理代行業者選びのポイントは、入居者募集力や管理対応能力の高さです。

また、不動産の販売から賃貸管理までを行っている業者を選んだ方が、より信頼関係が築きやすいでしょう。優良な不動産会社を見つけて、アパート経営の信頼できるパートナーとしてください。

コンテンツ一覧