不動産購入の流れ

実際に投資用物件を購入するまでの流れをまとめてみました。

不動産投資の物件探しから決済までの流れ

1.物件情報の収集と選定
まずは物件情報をできるだけたくさん見て、気になる物件があれば不動産会社へ問い合わせます。

2.物件内覧・現地視察
興味を持った物件は、実際に現地へ足を運んで確認しましょう。満室の場合は内覧することはできませんが、外観や周辺環境をチェックしてみてください。

3.収支計画を立てる
空室や値下がりなどのリスクを踏まえた上で、無理のない収支計画や資金計画を立てることが大切です。

4.購入の申し込み
物件購入の意思が固まったら、書面にて申し込みをしましょう。買付証明書を売主に提出して、購入の意思を正式に伝えます。

5.諸条件の交渉・契約
諸条件の交渉を行い、購入価格などが折り合えば契約へと進みます。売主が急いで売却したい場合や、物件の傷みが激しい場合などは、価格交渉がしやすいことも多いです。重要事項の説明を受けて納得してから、売買契約の締結となります。

6.ローン申し込み
現金で購入する場合を除いて、契約締結後、金融機関へローンの申し込みをします。この審査には2週間~1ヵ月ほどかかります。

7.ローン内定・決済
金融機関から融資決定の連絡がきたら、金銭消費貸借契約を行います。そして融資が実行される決済日から、買主はその不動産のオーナーです。

資金調達で気を付けたいこと

いくら優良な物件を見つけることができても、もちろん資金がなければ不動産は買えません。そこで、資金調達をする上で確認しておきたいポイントなどをまとめています。

1.頭金づくり
金融機関から融資を受けるにしても、ある程度の自己資金は必要です。まずは物件購入価格の1割以上を目安として、きちんと頭金を用意しておきましょう。

2.ローン申し込み
ローンの申し込みは物件購入の契約後に行いますが、その前の段階で、金融機関へローンの打診をしておきます。安定した収入があり、不動産投資へのきちんとしたビジョンがある人は、融資を受けやすいでしょう。逆に、住宅ローンの借入金が多額になっている人や、収入に波がある方などは、融資を受けることが難しいかもしれません。また面接の際には、服装や言葉づかいなどに気をつけて、担当者に好印象を与えることが大切です。

コンテンツ一覧