不動産投資の基礎知識

ここでは、不動産投資で失敗しないための基本的な知識をまとめています。

不動産投資による資産運用について

不動産投資は、長期に渡って安定した収入を得ることを目的とした資産運用です。他の投資と比べて低リスクで、自己資金が少額でも始められる投資手段として注目が集まっています。私的年金の確保や節税対策ができるなど、様々なメリットがあるのも魅力です。

バブル期の頃は、不動産の売却を目的として購入し、値上がりしたところで売却して利益を得るという投資手法が主流でした。しかし現在では、アパート経営による賃貸収入を目的とした不動産投資が多くなっています。

投資用物件の種類と特徴

投資用物件とは、不動産投資を目的として購入する物件のことです。アパートやマンションが主流で、新築と中古のどちらを選ぶかによって、メリットやデメリットが違ってきます。そこで、それぞれどのような特徴があるのかをまとめてみました。

【新築売りアパート】
新築アパートは中古よりも購入価格が高くなりますが、設計や設備が最新で、物件の寿命が長いことが大きなメリットです。ただし新築の場合、物件情報に記載されている入居率などは不動産会社が想定して計算したデータになります。ですから、自分で周辺地域の情報収集やリサーチを行うことが大切です。

【中古売りアパート】
中古アパートは新築よりも割安で購入できるので、自己資金が少額でも始められるのが魅力。また、中古アパート最大のメリットは利回りが良いことです。10%を超える高利回り物件もたくさんあり、人気の理由となっています。ただし中古の場合、ローンの金利が高くなる傾向があるので注意してください。

コンテンツ一覧