売りアパート経営が人気の理由

年金の支給額が引き下がるのではないかという不安や、高齢化による医療費や介護費の個人負担増加など、老後の生活に収入面での不安を感じる方が増えてきています。ですから長期的に安定した収入を確保することは、ゆとりある老後を迎えるために大切な課題となるでしょう。

不動産投資の中でもリスクが少ないアパート経営

そんな今、比較的低リスクで資産運用・資産形成ができるという不動産投資に注目が集まっています。中でもアパート経営は少額の初期費用でも始められるので、一部の富裕層にだけでなく、一般のサラリーマンなどにも人気となっているのです。

売りアパート経営の魅力と活用法

普通のサラリーマンでもすぐに始められるアパート経営には、どのようなメリットや活用法があるのかを見ていきましょう。

1.安定収入が得られる
アパート経営による不動産投資の一番のメリットは、なんといっても安定収入が得られることです。収入を増やして生活をより豊かにするために、賃貸を目的として不動産を購入する方が増えてきています。

2.私的年金の確保
長期に渡って得られる安定した収入を、私的年金として活用することもできます。不安の多い公的年金に頼ることなく、老後の安心のための収入源を確保できるのが魅力です。

3.所得税対策として
節税効果が期待できるのも、不動産投資のメリットです。賃貸収入には所得税がかかりますが、固定資産税・ローン金利・管理費・修繕費・減価償却費などは経費として差し引くことが可能なので、支払う税金は少なくて済みます。

物件の購入に関しては、所得の多い年に購入した方がメリットは大きいです。

4.相続対策や生命保険の代替手段に
不動産購入でローンを組む際、金融機関が指定する団体信用生命保険に加入することになります。万が一、返済者が死亡してしまった場合、ローンの残債は保険金によって支払われることになり、残された家族が債務を引き継ぐ必要はありません。

不動産は家族のものとなり、安定した家賃収入を得たり、売却してまとまった金額を得ることができます。

6.インフレ対策として
今後、日本経済がインフレに見舞われた場合に、現金や預貯金といった金融資産は価値が目減りします。しかし、物価が上昇した際には不動産の資産価値も上昇することが予想され、その時代に合わせた家賃収入を得ることも可能でしょう。

コンテンツ一覧