住宅投資のリスクも把握する

比較的低リスクと言われている不動産投資ですが、失敗につながるデメリットもあります。空き室、値下がり、金利上昇などのリスクです。

不動産投資のリスクを把握して失敗を避ける

しかし、事前にリスクを知っておけば、対策を講じることもできます。住宅投資のデメリットを把握した上で、失敗しないようにすることが重要です。また、不動産の購入時には、リスクとリターンを比較して、リターンの大きい物件を選ぶと良いでしょう。

不動産投資のデメリットについて

住宅投資には、どのようなデメリットがあるのかをまとめてみました。リスク対策として、参考にしていただければと思います。

1.空き室リスク
入居者が入らず、空室が出る可能性もあります。物件探しの際には、入居率の高さや立地条件・設備などをしっかりとチェックしましょう。

2.価格下落リスク
不動産自体の価値が下落するケースと、家賃が値下がりするケースがあります。立地条件や将来性などから、値下がりしにくい価値ある物件を選ぶことが大切です。

3.金利上昇リスク
将来、金利水準が上がる可能性もあります。現在の金利水準を目安にして投資計画を進めることには注意が必要です。金利が上昇した場合のことも考慮して、無理のない借入と返済の計画を立ててくださいね。

4.老朽化や災害のリスク
建物の老朽化による修繕の心配もあります。修繕計画をきちんと立てて、費用を積み立てておきましょう。また、地震や火災が発生した場合のために、地震保険や火災保険には必ず加入しておいてください。

5.換金性のリスク
不動産は換金性が良くないという特徴があります。急にお金が必要になった時、すぐに換金することができません。ですから、資金に余裕を持った投資計画にすることが大切です。

コンテンツ一覧